受け口

小さなお子様の受け口もきちんと治療します

小さなお子様の受け口もきちんと治療します受け口とは、上下の歯の咬み合わせが反対になった状態です。受け口は上下の歯の咬み合わせが反対になった状態のこと言い、「反対咬合」とも呼ばれています。小さなお子様の場合には、指しゃぶり、舌の癖、口呼吸などのお口まわりの悪い癖を改善させて、舌の筋力や顎の発達を促進する治療を中心に行います。大人の方の場合には、矯正装置を使って咬み合わせを整えていきます。目立たない矯正装置も取り扱っていますので、受け口でお悩みであればお気軽にご相談ください。

どうして受け口になるのか?

遺伝的要因により起こることが多い受け口ですが、「口呼吸」や「低位舌」などのお口まわりの悪い癖が原因と起こることもあります。小さなお子様でこうした癖がある場合には、「プレオルソ」で受け口を改善・予防することが可能です。

受け口の治療のタイミング

お子様の治療

当院では、永久歯へ生え変わる時期に使用することで、受け口に対して高い治療効果が期待できる「プレオルソ」を導入しています。プレオルソは取り外し式のマウスピースで、痛みなどの違和感も最小限に抑えることができますし、抜歯も必要ありません。少ない負担で効果的に受け口を改善することができます。

大人の治療

大人の治療永久歯が生え揃った大人の方の場合、本格的な矯正装置を使って歯を動かすことになりますが、当院では透明で目立たないマウスピース矯正も行っておりますので、お口まわりの見た目を心配することなく矯正治療を受けて頂くことができます。

受け口をそのままにしておくと

虫歯・歯周病の原因となることがあります

受け口により、咬み合わせが悪いと、食べかすなどの汚れが溜まりやすいため、虫歯や歯周病の大きな原因となることがあります。

発音障害が起こることがあります

受け口により、上の歯と下の歯がきちんと咬み合っていない場合には、発音障害が起こることがあります。

歯を失う原因となることがあります

受け口により、上の歯と下の歯がきちんと咬み合っていない場合には、上の歯が抜ける原因となることがあります。

消化器官に負担がかかります

受け口だと食べ物をきちんと咬み切ることができないため、胃や腸などの消化器官に負担がかかることがあります。

tel:06-6343-0648問合わせ・ご予約