プレオルソ

プレオルソはこんなお子様におすすめです

  • 横から見ると、下の歯が前に出ている(受け口)
  • 横から見ると、上の歯が前に出ている(出っ歯)
  • 歯が凸凹に並んでいる(叢生)
  • いつもお口が開いていて、歯が見えている(低位舌、口呼吸)

「生え変わりの時期」だから受けられる治療があります

「生え変わりの時期」だから受けられる治療があります永久歯へ生え変わる時期に適切な治療を受けることで、少ない負担でお子様の将来の歯並びが整えられる場合があります。「プレオルソ」はマウスピース型の矯正装置で、顎の骨の成長発育を利用して、咬み合わせや歯並びを改善していきます。

永久歯に生え変わってしまうと、スペースを確保するために歯を削らなくてはいけなかったり、抜歯しなければいけなかったり、ギラギラと金属色が目立つ、本格的な矯正装置を使用しなければいけなかったりすることがあります。こうした矯正はお子様への負担が大きく、ギラギラとした固定式の矯正装置を嫌がる子供も多いことでしょう。

しかし、プレオルソは取り外し式のマウスピースで、痛みなどの違和感も最小限に抑えることができますし、抜歯も必要ありません。6~10歳ごろの顎の骨が成長する時期に使用することで、少ない負担で効果的に歯並び・咬み合わせを改善することができます。

取り外し式なのでお子様も快適です

取り外し式なのでお子様も快適ですプレオルソのマウスピースは取り外し式なので、ご自分で取り外すことができます。また、装着時間は「1日1時間+就寝中」なので、ストレスはほとんどありません。固定式の矯正装置の場合、痛みなどの違和感が強く現れたり、お子様が見た目を気にしたりすることがありますが、プレオルソではそうした心配はありません。また、食事の時には取り外せるので、装置に食べかすがたまって虫歯になるのを防ぐこともできます。

歯並びだけでなくお口の悪い癖も改善できます

お子様の歯並びのお悩みで多いのが、「下の歯が前に出ている(受け口)」「上の歯が前に出ている(出っ歯)」「歯が凸凹に並んでいる(叢生)」などですが、プレオルソはこれらの歯並びの改善に効果的なだけでなく、「口呼吸」や「低位舌」などのお口まわりの悪い癖の改善にも高い効果を発揮します。低位舌や口呼吸など、お口の機能が悪い状態にあると歯並びの乱れの原因となるだけでなく、風邪を引きやすくなったり、肩が凝りやすくなったりするなど、お体にも悪い影響をおよぼす場合があります。

プレオルソのメリット

少ない負担で効果的に歯並びが治せます

永久歯に生え変わった後では、ギラギラと金属色が目立つ、本格的な矯正装置を装着しなければいけないこともありますが、歯が生え変わる時期にプレオルソを使用することで、少ない負担で効果的に歯並びを治すことが可能となります。

「口呼吸」を「鼻呼吸」に促すことができます

「いつも口がポカンと開いている」「口ばかりで呼吸している」など、お子様の口呼吸が気になっているお母様・お父様もおられるかと思います。口呼吸はお口の中が乾燥して菌が繁殖しやすい状態になるため、虫歯になりやすくなったり、風邪を引きやすくなったりすることがあります。プレオルソにはこの口呼吸をやめさせて、鼻呼吸を促す効果もあります。

取り外し式のマウスピースなのでストレスがほとんどありません

固定式の矯正装置の場合、痛みなどの違和感が強く現れたり、食べかすが装置に挟まって虫歯の原因になったりすることがありますが、プレオルソのマウスピースは取り外し式なので、そうした心配はありません。ストレスがほとんどない状態で、快適に治療が受けられます。

装着するのは「1日1時間+就寝中」だけなので日常生活に影響はありません

プレオルソの装着時間は「1日1時間+就寝中」だけなので、学校に付けていく必要はありません。食事の時にも取り外せますので、日常生活に支障をきたすことなく歯並びが改善できます。

プリウレタン製なので柔らかく装着感も非常に良いです

プレオルソのマウスピースは医療用ポリウレタン製なので、軟らかく、装着感も非常に良いです。小さなお子様でも嫌がらずに装着することができます。金属アレルギーの心配もありません。

歯型を取る必要がないので小さなお子様でも安心です

プレオルソのマウスピースは既製品なので、歯型取りを行う必要はありません。小さなお子様でも安心して治療が受けられます。

調整が簡単なので費用が抑えられます

プレオルソのマウスピースは、通常の矯正治療と比べて調整が簡単なので、効率良く治療が進められます。そのため、通常の矯正治療よりも費用を抑えることが可能です。
矯正よりも始めやすい価格

マウスピースの種類

プレオルソには、大きく3つのタイプのマウスピースがあり、お子様の歯並びに合わせて選択します。マウスピースを選択した後は、より効果を高めるために、歯並びに合わせて細かく調節します。

TypeⅠ

こんなお子様に使用します
  • 上の歯が前に出ているお子様
  • 咬み合わせが深いお子様
適応となる不正咬合
  • 上顎前突(出っ歯)
  • 叢生(八重歯・乱ぐい歯)
  • 過蓋咬合(ディープバイト)
  • 矯正治療後の後戻り防止(保定)

TypeⅡ

こんなお子様に使用します
  • 前歯が咬み合わないお子様
適応となる不正咬合
  • 開咬(オープンバイト)
  • 開咬を治療した後の後戻り防止(保定)

TypeⅢ

こんなお子様に使用します
  • 下の歯が前に出ているお子様
適応となる不正咬合
  • 反対咬合(受け口)
  • 逆被蓋
  • 反対咬合を治療した後の後戻り防止(保定)

プレオルソの使用方法

通院時

必ずマウスピースをお持ちください。

ご自宅

日中

1時間程度マウスピースを装着して、お口を閉じたり、話をしたりするトレーニングをします。

就寝時

マウスピースを装着したまま寝てください。

より効果を高めるために

プレオルソの効果をより高めるために、次のようなトレーニングを並行して行う場合があります。

  • 舌・口元のトレーニング(あいうべ体操)
  • 発音のトレーニング
  • お水を飲み込むトレーニング
tel:06-6343-0648問合わせ・ご予約