出っ歯

見た目だけでなくお口の健康にも影響があります

出っ歯とは、上の歯が前に出ている状態です。様々な歯並びの乱れ(不正咬合)の中でも、出っ歯は一番人目につきやすいと言えます。そのため、ご自身の歯並びにコンプレックスを抱えている方もおられることでしょう。出っ歯は見た目の問題だけでなく、お口の健康をおびやかす危険性がありますので、そのまま放っておかずに当院の矯正治療できちんと治すようにしましょう。

どうして出っ歯になるのか?

出っ歯の原因は様々で、遺伝的要因のほか、指しゃぶり、舌の悪い癖(低位舌・舌突出癖など)、口呼吸などのお口まわりの習癖が原因で起こることもあります。遺伝が原因で起こっている場合には、適切な矯正治療で改善することが可能ですが、お口まわりの習癖が原因の場合には、矯正治療と並行して、MFT(口腔筋機能療法)を行って悪癖を取り除く必要があります。そのほか、耳鼻科疾患が原因で起こることもあり、その場合には耳鼻咽喉科と連携して治療を進める必要があります。

出っ歯の治療のタイミング

お子様の治療

小さなお子様の場合、前歯が4本生え揃った時に治療を開始すると、少ない負担で出っ歯を改善することが可能です。この時期は、顎の成長をコントロールして歯並び・咬み合わせが整えられるので、歯を抜く必要もありません。当院では、「プレオルソ」を使った出っ歯の治療も行っています。

大人の治療

永久歯が生え揃った大人の方の場合、奥歯を動かして前歯を整えるスペースが確保できれば、抜歯せずに治療することが可能です。しかし、スペースが確保できない場合には、抜歯を検討する必要があります。ただし、抜歯が必要かどうかは歯の状態を詳しく確認してみないと診断できませんので、一度検査を受けられることをおすすめします。

また、大人の方の場合、本格的な矯正装置を使って歯を動かすことになりますが、当院では透明で目立たないマウスピース矯正も行っておりますので、お口まわりの見た目を心配することなく矯正治療を受けて頂くことができます。さらに、「前歯だけをきれいに整えたい」という場合には、プチ矯正(前歯だけ矯正・部分矯正)で短期間・ローコストで矯正することも可能です。

出っ歯をそのままにしていると

コンプレックスの原因となります

歯並びの乱れの中でも、出っ歯は最も目立ちやすいものです。そのため、出っ歯をそのままにしていると、コンプレックスの原因となる場合があります。

すきっ歯の原因となることがあります

出っ歯を放っておくと、前歯の歯と歯の間に隙間ができて、すきっ歯になることがあります。新たな不正咬合を引き起こさないためにも、放置せずに適切な治療を受けられるようにしましょう。

口が乾燥して虫歯・歯周病になりやすくなります

出っ歯をそのままにしていると、口の中が乾燥しやすいため、虫歯や歯周病などの病気になりやすくなります。これらの病気は、歯を失い大きな原因となりますので、出っ歯を放置せずに適切な治療を受けられることをおすすめします。

顎関節症を引き起こす場合があります

出っ歯になると、ほとんど奥歯でしかものを咬むことができないため、顎関節に過度な負担がかかり、顎関節症を引き起こす場合があります。

お口以外にも様々な悪影響がおよぶ場合があります

出っ歯を放っておくと、歯ぎしりや睡眠時無呼吸症候群の原因となるほか、食べ物をきちんと咬み切ることができないため、胃や腸などの消化器官に負担がかかることがあります。

tel:06-6343-0648問合わせ・ご予約