セラミック治療

セラミック治療はこんな方におすすめです

  • 歯の黄ばみ・変色・着色汚れが気になる方
  • 詰め物・被せ物の変色が気になる方
  • 虫歯治療で入れた銀歯が気になる方
  • 歯茎の黒ずみが気になる方
  • 前歯の隙間や、形が気になる方

自然で美しい口元を提供します

自然で美しい口元を提供しますセラミック治療とは、虫歯治療で削った歯の部分に、銀歯などの金属の歯科材料ではなく、白くて透明感のあるセラミックなどの審美性の高い歯科材料を入れる治療です。天然歯同様の白さと輝くがあるセラミックを入れることで、お口まわりの審美性を高めることができます。美しい修復物は、色や形だけでなく、そこに「自然さ」を加えることで実現します。高い技術と磨かれたセンスで、自然で美しい口元を作るセラミック治療を提供します。

大切な歯はできる限り削りません

患者様の歯の状態、また、ご希望になる仕上がりのレベルによっても異なりますが、当院では基本的に、大切な歯をできるだけ削らずにセラミック治療を行います。患者様のお口の中を確認して、必要に応じて矯正治療を行って歯並びを整えるなどして、できる限り歯を削らないようにします。患者様の「天然歯を守りたい」という思いを大切に考えて治療します。

気になるすきっ歯を治すこともできます

気になるすきっ歯を治すこともできます歯と歯の間の隙間が大きくて、「食べかすが詰まりやすい」「見た目が良くない」などとお悩みの方もおられるかと思います。重度のすきっ歯の場合、矯正治療で改善するのが一般的ですが、軽度のすきっ歯であれば、セラミック治療で改善することが可能です。どちらの方法の方がおすすめかは、歯の状態を詳しく確認した上でご提案させて頂きますので、まずは一度当院までご連絡ください。

セラミック治療のメリット

保険診療の場合、詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)の材料として銀歯などの金属が使われることが多いのですが、銀歯には「見た目が悪い」「歯茎の黒ずみの原因となる」「金属アレルギーの原因となる」など、様々なデメリットがあります。一方、セラミックにはお口の審美性や健康に対して様々なメリットがあります。

天然歯同様の白さと透明感で「美しい口元」に仕上がります

セラミックは白くて透明感のある材料なので、天然歯と比べても見分けがつかないほど、自然で美しい歯に仕上げることができます。また、セラミックは変色しにくく、汚れも付着しにくいので、美しい状態を長期間キープすることが可能です。

適合性が高いので虫歯の再発リスクが抑えられます

銀歯などの保険診療で使われる歯科素材の場合、どうしても歯と補修物の間に隙間が生じてしまい、そこから虫歯が再発してしまうことがあります。しかし、セラミックであれば歯と補修物を歯科用セメントで接着して、ほとんど隙間のない状態にすることが可能なので、虫歯の再発リスクが抑えられます。

気になるお口の臭いも予防できます

セラミックの表面は滑らかで、汚れが付着しにくいので、適切なブラッシングで常に清潔な状態に保つことが可能です。お口の中を衛生的に保つことで、口臭が予防できるようになります。

体に優しい材料なので金属アレルギーの心配がありません

銀歯などの金属材料は、経年的に劣化して歯や歯茎などに溶け出し、金属アレルギーの原因となることがあります。しかし、セラミックはお体に優しい材料なので、金属アレルギーの心配もなく、安心してお使い頂けます。

歯茎の黒ずみが起こりません

銀歯などの金属材料は、経年的に劣化して歯や歯茎などに溶け出し、歯茎の黒ずみの原因となることがあります。しかし、セラミックは一切金属を使用していないので、歯茎の黒ずみは起こりません。

ホワイトニングでは難しかった歯も白くできる

テトラサイクリン歯(抗生物質の副作用で変色した歯)は、ホワイトニングを行っても効果が現れない場合がほとんどですが、「ラミネートベニア」という治療方法なら、こうした歯でも白く見せることが可能です。ラミネートベニアとは、歯のエナメル質を少しだけ削り、セラミックのシェルを貼り付ける方法です。健康な歯を削る必要はありますが、歯の変色を効果的に改善することができます。

軽度のすきっ歯なら短期間で改善できる

軽度のすきっ歯であれば、矯正治療以外にも、セラミック治療で改善することが可能です。どちらの方法の方がおすすめかは、歯の状態を詳しく確認した上でご提案させて頂きますので、まずは一度当院までご連絡ください。

セラミックの種類

オールセラミック

セラミックのみで作製した被せ物(クラウン)です。天然歯同様の白さと透明感が特徴で、変色しにくく、汚れも付着しにくいので、美しさを保ったまま長期間お使い頂けます。金属が一切使っていないので、金属アレルギーの心配はありません。審美性・生体親和性に優れた歯科材料です。

オールセラミックの特徴

  • 天然歯と比べても遜色のない美しさに仕上がる
  • 変色・汚れの付着が起こりにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
オールセラミックの注意点
  • 硬質な材料なので、強い衝撃を受けると割れたり、欠けたりすることがある

メタルボンド

金属フレームの上に、セラミックを焼き付けた被せ物(クラウン)です。内側が金属なので耐久性が高く、適度に柔らかいので咬み合わせる歯を傷つけにくいなどの特徴があります。オールセラミックと比べると透明感はやや劣りますが、天然歯に近い白さに仕上げることができます。

メタルボンドの特徴
  • 金属を使用しているので耐久性が高い
  • 適度な柔らかさがあるので、咬み合わせる歯を傷つけにくい
  • 変色・汚れの付着が起こりにくい
メタルボンドの注意点
  • オールセラミックと比べると透明感はやや劣る
  • 内側で使用する金属の種類によっては、金属アレルギーの原因となる場合がある

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)で作製された被せ物(クラウン)です。銀歯などの保険診療の歯科材料よりは変色しにくいですが、オールセラミックよりも審美性は劣ります。また、多少変色することもあります。ただし、オールセラミックよりも費用が抑えられます。

ハイブリッドセラミックの特徴
  • 保険診療の歯科材料よりは変色しにくい
  • リーズナブルな価格で歯を白くすることができる
ハイブリッドセラミックの注意点
  • オールセラミックよりも見た目は劣る
  • 変色することがある
tel:06-6343-0648問合わせ・ご予約