歯を全体的にキレイにしたい

歯を白くきれいにして笑顔に自信を持ちませんか?

「歯を白くきれいにして、笑顔に自信を持ちたい」なら、当院の審美歯科がおすすめです。「審美歯科」という言葉から、皆様はどんな治療をイメージされますか?審美歯科とは言葉の通り、「歯の審美性」にフォーカスした歯科治療です。ただし、当院では見た目の美しさだけでなく、咬み合わせなどの機能性も重視して治療しています。

審美歯科にはセラミック治療、ホワイトニングなどの種類がありますが、このうちセラミック治療では、銀歯などの金属の歯科材料を使わずに、自然な白さと透明感のあるセラミックを使って歯の審美性を高めます。セラミック治療で使用される補修物(詰め物・被せ物)には様々なものがありますが、当院ではできる限り患者様のご希望に沿えるように、豊富な種類の補修物をご用意しています。「歯を全体的にきれいにしたい!」とお考えであれば、当院までご相談ください。

歯を白くきれいにして笑顔に自信を持ちませんか?

こんなことでお悩みではありませんか?

セラミック治療は、虫歯治療で入れた銀歯の見た目や、歯の変色や歯並びの乱れなどが気になる方におすすめです。口元の見た目にコンプレックスを抱えていて、人前で笑う時につい手で隠してしまうという方などは、一度セラミック治療を検討されてみてはいかがでしょうか?

銀歯の金属色が気になる

虫歯治療で入れた銀歯の金属色が気になって、口を大きく開けられないという方は、一度当院までご相談ください。銀歯をセラミックに取り替えることで、美しい口元を実現することができます。

歯茎の変色が気になる

虫歯治療で入れた銀歯の影響で、歯茎が黒く変色してしまう場合があります。こうした場合でも、セラミック治療で改善することが可能です。歯茎の変色が気になる方は、お気軽に当院までご相談ください。

歯が変色している

前歯など、人目につきやすい部分の歯の変色は、想像されているよりも目立ってしまうものです。しかし、セラミック治療で歯を白くきれいにすれば、相手に与える印象が変わり、笑顔も魅力的になります。

歯並びが気になる

前歯のすきっ歯など、歯並びが気になる方にもセラミック治療はおすすめです。セラミックの被せ物(クラウン)を被せたり、ラミネートベニアを貼り付けたりすることで、歯並びを改善することが可能です。

歯を全体的にキレイにする3つのメリット

1.お顔が明るくなり笑顔の魅力アップに繋がります

お顔が明るくなり笑顔の魅力アップに繋がります

歯が白くきれいになると、お顔が明るくなり、笑顔の魅力アップに繋がります。反対に、ニコッと笑顔を浮かべた時に、銀歯が見えたり、歯が変色していたりすると、せっかくの笑顔も魅力が半減してしまう恐れがあります。

2.コンプレックスの解消に繋がります

歯の色が気になると、「人前で口を開けて笑えない」「口元が気になって会話が楽しめない」など、コンプレックスの原因となる場合があります。その結果、消極的な性格になって、活き活きとした毎日が送れなくなることも。セラミック治療で歯を全体的にきれいにすることは、こうしたコンプレックスの解消にも繋がります。

3.お口の中を清潔な状態に保つことができます

セラミック治療で歯を全体的にきれいにするメリットは、見た目が良くなることだけではありません。セラミックの表面は滑らかで、汚れが付着しにくいので、毎日きちんとケアすれば、お口の中を常に清潔な状態に保てるようになります。

保険診療と自費診療の違いをご存知ですか?

健康保険が適用される歯科治療のことを「保険診療」と言い、適用されないものを「自費診療」と言います。セラミック治療は自費診療となります。それでは、保険診療と自費診療は何が違うのでしょうか?

より満足度の高い治療が受けられます

保険診療は、あくまで「咬める」という歯の最低限の回復を目的としているため、「天然歯みたいなきれいな歯がほしい」というように、より質の高い治療をお求めの方には向かない治療だと言えます。一方、自費診療なら、様々な治療方法や歯科材料の中から、患者様のご希望に沿ったものを選択することができるので、より満足度の高い治療が受けられます。

「美しさ」が長持ちします

保険診療で歯を白くしようとした場合、レジン(歯科用プラスチック)が使用されますが、レジンは吸水性が高く変色しやすいため、長く使い続けていると見た目が悪くなります。しかし、セラミックは陶器なので吸水性が極めて低く、長く使い続けてもほとんど変色しません。長期間、白くてきれいな状態を保ち続けることができます。

虫歯の再発が抑えられます

保険診療で使用される歯科材料の場合、どうしても歯と補修物(詰め物・被せ物)の間に隙間ができて、そこから虫歯が再発することがありますが、セラミックならほとんど隙間なく入れることが可能なので、虫歯の再発を抑えることができます。

「体に優しい治療」が受けられます

保険診療では銀歯などの金属材料が使われることもありますが、これは金属アレルギーや歯茎の黒ずみの原因となることがあります。しかし、セラミックは人体に優しい材料なので、金属アレルギーなどのトラブルを心配する必要はありません。お体に安心・安全な治療が受けられます。

「ファイバーコア」で歯をより美しくしませんか?

重度の虫歯になって歯を大きく削ったり、歯の神経(歯髄)を抜いたりした場合、そのまま被せ物(クラウン)を被せると、歯の根っこ(歯根)が破折してしまう恐れがあります。そのため、歯の内側に土台(コア)を入れて補強する必要があります。
保険診療では、通常、金属の土台が使用されますが、被せ物にセラミックを選択した場合、金属の土台を使用すると透明感が失われてしまうことがあります。そのため、セラミックを被せる時には、土台もセラミック同様に透明感の高い「ファイバーコア」を選ばれることをおすすめします。

セラミックの美しさを最大限高めることができます

ファイバーコアは、グラスファイバーの芯と、強化プラスチックを調合して作製された土台です。天然歯同様の白さと透明感が再現できるので、セラミックなどの白い被せ物の美しさを最大限高めることができます。また、高い強度と柔軟性を持つため、歯茎への負担を抑えることもできます。

歯茎の黒ずみ・金属アレルギーの心配がありません

ファイバーコアは金属を一切使用しないので、歯茎が黒ずんだり、金属アレルギーの原因となったりすることがありません。金属の土台を入れて歯茎が黒ずみを起こすと、症状によっては歯茎の移植などの大がかりな治療が必要となる場合もありますので、前歯では特にファイバーコアを選択されることをおすすめします。

tel:06-6343-0648問合わせ・ご予約