一般歯科治療にも対応

もしセラミック治療中・矯正治療中に病気になったら?

もしセラミック治療中・矯正治療中に病気になったら?万が一、セラミック治療や矯正治療中に虫歯・歯周病などの病気になっても、ご安心ください。当院では虫歯・歯周病などを治療する一般歯科治療にも対応しています。

矯正治療を行う歯科医院の中には、矯正治療だけを行って、一般歯科治療には対応していないところもあります。そうしたところで矯正治療を受け、治療中に歯が病気になってしまった時には、他院に治療を受けに行かなければいけないこともあります。これは患者様にとって煩わしいことかと思いますので、セラミック治療や矯正治療を受けられる時には、一般歯科治療にも対応している歯科医院を選ばれることをおすすめします。

「マウスピース矯正はどこも同じ」とお考えではありませんか?

近年、「インビザライン」などの装置が注目されるに従って、マウスピース矯正の提供を始める歯科医院が増えています。では、「マウスピース矯正はどこで受けても同じ」であるか言うと、そうとは限りません。患者様などから「マウスピース矯正は、どんな歯科医院で受けたらいいですか?」と質問された時には、当院ではこのようにお答えしています。

矯正治療に関する知識・経験が豊富な歯科医院

「インビザライン」「アソアライナー」などのマウスピース矯正は、コンピュータ上でシミュレーションして装置を作製するため、「誰が治療しても同じ」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。患者様お一人おひとりでお口の中の状態は異なるため、その違いを正確に見極めて、適切に診断を下す力が求められます。そのため、マウスピース矯正を受けられる時には、矯正治療に関する知識・経験が豊富な歯科医院を選ばれることをおすすめします。

一般歯科治療も受けられる歯科医院

一般歯科治療も受けられる歯科医院マウスピース矯正だけで治療が完結することは稀で、治療の前後や途中で、歯のクリーニング、虫歯・歯周病の治療、通常の矯正やセラミック治療の併用など、様々な治療が関わってきます。そのため、マウスピース矯正だけでなく、それ以外の様々な歯科治療に対応している歯科医院を選ばれることをおすすめします。そうして1つの歯科医院でトラブルが解決できた方が、患者様にとっても便利だと思います。

できる限り痛みを抑えて虫歯を治します

セラミック治療や矯正治療中に虫歯になってしまった時には、できる限り痛みを抑えて治療します。「歯科医院の治療は痛い」というイメージを持たれている方も少なくないかと思いますが、当院では局所麻酔を実施して痛みの軽減に努めています。また、麻酔注射の際に痛みを感じては意味がありませんので、「痛みの少ない麻酔注射」も行っています。

麻酔注射の痛みを抑える4つの取り組み

1.注射部位に麻酔液を塗布して痛みを抑えます

麻酔針を刺す部位にゼリー状の麻酔液を塗布して、麻酔注射時の痛みを極力抑えます。

2.「痛みが少ない部位」を選んで麻酔注射します

歯茎には痛みを感じやすい部分と、そうでない部分とがありますので、痛みが少ない部位を的確に選んで、麻酔注射を行います。

3.「33G」という最も細い注射針を使います

麻酔注射時の痛みを抑えるために、当院では最も細い針である「33G」を使用しています。

4.ゆっくりと麻酔液を注入して痛みを抑えます

麻酔液の注入スピードが速いと、痛みを感じやすくなります。そのため当院では、焦らずゆっくりと時間をかけて麻酔液を注入することで、痛みの発生を抑えます。

初期の虫歯はできる限り削らずに治療します

たとえ虫歯になってしまったとしても、大切な天然歯はできるだけ削りたくないものです。当院でも、患者様の天然歯を大切に考えて、初期の虫歯に対しては、できる限り削らないで治療するように心がけています。

当院が行っている「ドックスベストセメント」なら、歯を削らずに治癒をはかることが可能です。これはアメリカで開発された虫歯の治療方法で、患部に天然ミネラル剤を塗布し、虫歯菌を殺菌したり、再石灰化を促進したりすることで治癒をはかります。この治療方法により、初期の虫歯であれば歯へのダメージを最小限に抑えて治療することが可能となります。

tel:06-6343-0648問合わせ・ご予約